【インクルージョン】は日本を救う!
子供たちの未来を救う!

皆さんこんにちは。
インクルージョン マネジメント研究所 所長
専田 政樹と申します。

え???なにいってんの?…という感じでしょう。
まだ日本では、あまり馴染みのない言葉です。
しかし既に有効性について気がつき始めている人が
でてきたのではないでしょうか?
ただし一般論でのインクルージョンはあまりに遠い…
なぜならダイバーシティの奥に順番を設定しているからです。
取組む順番を逆転させればこんなに有益なのに…

ここで普通はごちゃごちゃ人財論や
組織論を展開しそうなところですが、
ここはわかりやすく伝えてくために、
名作に学ぶ【インクルージョン】という
形でお話していきます。

こんな切り口で考えると、
なるほど、
先に取りくむのはダイバーシティではなく、
インクルージョンなんだなと腑に落ちます。
日本人はそもそもこういう話や組織の姿が大好き。
私はそう思ってます。

という事で、
第1シリースはみなさん大好き、
【SLAM DUNK】(スラムダンク)!
言わずとしれた井上雄彦先生の名作です。
ここからインクルージョンを学ぶと
かなーりわかりやすい。

ということで暫く準備の後、
こちらのお話を始めます!
しばらくおまちくださいませ。(^^ゞ

人にまつわる問題や悩みを抱えていませんか?

著者プロフィール

専田 政樹(弟)
専田 政樹(弟)中小企業診断士
7&iグループ出身。
大企業10年、中小企業10年のマネジメント経験を活かし、制度構築、業務改善、人材育成等で企業支援にあたる。
企業在籍中に管理部門責任者として営業利益▲3%から1年で+0.5に改善した実績をもつ。
多様な人材の能力を引き出し相乗効果を出すダイバーシティマネジメントを専門分野とし、既存人材活性化を得意とする。