去る9月14日(日)の第8回 中小企業診断士 養成課程 交流会(第8回)にて講演を行いました。

約30分程でしたが自由に話をしていいとのオーダーでしたので、ほんとに自由に話をしちゃいました。

業界状況と一般論の後、事例として取り上げた企業について、4P→4Cと解釈を説明したあとVRIO分析を実施。

結果的に無敵となった模倣困難性の根源を解説しました。

最後にもしクライアントとして小売店舗をもった時・・・といったお話をさせて頂きました。

「実習前にききたかった」とか「この先を見据えてどう考えようか?」とか色々とお声を頂戴しました。

とにもかくにも中小企業診断士資格取得後の初講演でした。

次回は別の会ですが、11月に店舗活性化について話をします。

今度は1時間30分程度頂戴できましたのでじっかり話を組立たいと思います。(^^ゞ

IMG_8265FullSizeRender (1)


人にまつわる問題や悩みを抱えていませんか?

著者プロフィール

専田 政樹(弟)
専田 政樹(弟)中小企業診断士
7&iグループ出身。
大企業10年、中小企業10年のマネジメント経験を活かし、制度構築、業務改善、人材育成等で企業支援にあたる。
企業在籍中に管理部門責任者として営業利益▲3%から1年で+0.5に改善した実績をもつ。
多様な人材の能力を引き出し相乗効果を出すダイバーシティマネジメントを専門分野とし、既存人材活性化を得意とする。