皆さまお世話になっております。
「働き方改革時代の若手部下育成術」が発売され、
店頭に並び始めました。
部下育成をテーマとしたコーナーに
置かれていることが多くなっておりますので、
是非、ご覧ください。

本著は、定着•育成に苦労されている方が多い
若手層に特化した育成方法がテーマです。

そもそも、どうして上手くいかないのか?
前半はこの原因を解き明かして行きます。
「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」
孫子の兵法ですが、
まず若手のことを正しく
理解しなくては上手く行きません。
育成する側もかつては、
「最近の若いやつは…」と
言われた経験が少なからずあるでしょう。
そして、相手がわかってくれない…
そんな昔の話をされても…と思った事が
あるのではないでしょうか。
逆に言う側にまわっている事には
なかなか気づきにくいものです。
若手のことを適切に理解するためにも、
「育ってきた時代背景•現在の環境」と
「個々の経験によって培われた個性」の
両方に目を向けなければなりません。
共通点として世代がもつ
特徴を定量的に示し、
一人ひとりが持つ個性への
アプローチ法に迫ります。

後半は、
「己」つまり自分自身を掘り下げつつ
具体的な育成方法に迫ります。
実際に育成をスムーズにする為の体制を整え、
ツールを準備し、ステップを踏んで
具体的に進める方法に迫ります。
また、そのためには自身の
スキルアップも欠かせません。
より論理的に、指導教育を進めるためにも
フレームワークの使いこなし術を伝えます。

私自身、企業研での教育研修で実践しながら
ノウハウ化したものです。
お手にとってみていただけると幸いです。
よろしくお願い致します。

株式会社 せんだ兄弟社
代表取締役 專田 政樹