この度、商業出版をすることになりました。

「働き方改革時代の若手部下育成術」という

タイトルで2月21日発売(予定)です。

少子高齢化による人手不足や、働き方改革による価値観の変化などにより、

若手部下育成の難易度が上昇していることに着目しています。

執筆にあたり独自調査を行い、

入社3年前後の若手が実際にどう思っているのかに着目し、

若手のモチベ―ションを高め、

リーダーに育成していくことについて記しています。

自分で仕事をすることは得意だが、若手の育成に苦労している…

という方にお勧めです。

 

 

「最近の若いやつは…」いつの時代も使われる言葉ではないでしょうか。

私自身、新入社員時代は先輩たちから投げかけられた経験のある言葉です。

日本経済は成長段階から低迷期に入り世の中は大きく変化しました。

バブル崩壊後、社会人デビュー派の私は売れない時代にビジネスキャリアを積み上げた結果、

その上の世代(成長期にキャリアを積み上げた方)とは、

少々価値観が異なるなぁと常々感じてきました。

今思えば育った時代が違うので当たり前といえば当たり前です。

そんな経験も踏まえ、これまでの私は

バブル前後で線引きし、大きく2つの波があるな…と考えてきました。

 

さて、現在はどうかというと、

大きな大きな3つ目の波がやってきたと感じています。

人口統計上は2015年に初の減少局面を迎えました。

来るぞ来るぞとこれまで言われ続けてきた

少子高齢化が徐々に肌感でも感じ取れるようになってきました。

この大きな「うねり」が急激な変化となって訪れます。

日本の長期人口統計を見るとまさに今、

ジェットコースターのような急坂の視点にいるのです。

※参照 国土交通省データ
https://www.soumu.go.jp/main_content/000273900.pdf

このような状況の中、有効求人倍率はみるみる上昇し、

バブル期を超えた過去最高の値となっています。

経済低迷期の就職氷河期時代が長期間続いていましたが、

現在おおきな転換点を迎えています。

若手人材からすると久々の圧倒的な売り手市場の中、

労働時間規制や同一労働同一賃金といった働き方改革を

スタンダード(標準)とする世代が現在の若手です。

このことをしっかりと理解して育成をはかっていこう…!

というのが本著のテーマです。

カバーデザイン等があがりましたら、追加情報としてアップしています。

育てる側、育てられる側の両方に着目し

それぞれの研修メニューもご用意しています。

ご興味ございます方は、ぜひご覧ください。

よろしくお願い致します。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

專田 政樹
株式会社 せんだ兄弟社 代表取締役
経済産業大臣登録 中小企業診断士
(学) 産業能率大学総合研究所 兼任講師/パートナーコンサルタント
(一社)JDIO(日本ダイバーシティ・マネジメント推進機構)
           認定 ダイバーシティ・コンサルタント
~著書:働き方改革時代の若手部下育成術~
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////