来たる2018年2月8日に品川区商業ものづくり課主催の
中小企業向け採用支援セミナーに登壇する事になりました。

テーマは「多様な人材をマネジメントするポイント」です。
ダイバーシティ&インクルージョンの中でも、
特に私が重要視しているインクルージョンについて
事例とともにお伝えしていきます。
働き方改革を具現化する為には
人材育成は欠かせない要素です。
また個の力を高める事と合わせ、
組織全体の力を高める事は
企業にとって両輪であり、
2020年以降も勝ち残る
生産性の高い企業つくりに欠かせない要素です。
人口減少社会の中、採用、教育、評価、処遇、育成といった
人材マネジメントサイクルを仕組み化していく事は
中期課題として何よりも重要な要素であるといえるでしょう。

こういった情勢の中、
ダイバーシティ分野について注目が高まってきていますが、
実態として「ダイバーシティ→多様性の受容」といった解釈が多くなっています。
しかしながら多様性を受容しただけではなかなか生産性向上までたどりつきません。
エヴァンゲリオンの碇シンジに「僕はここにいてもいいんだ…」と
いうセリフがありましたが、存在を許容する、
あるいはそういう価値観もありだよね…と受容どまりでは
共存はできても相乗効果を発揮する事までは、なかなかできません。

では組織において相乗効果を発揮し、
生産性向上につなげていくためにはどのような取り組みが必要か…
これが私が「インクルージョン」と捉えている考え方です。
ここが強くなると自然と採用力も高まり、共に働く仲間が増えていきます。
今回のセミナーでは、その具体策と事例についてお伝えしていきます。

対 象は、採用活動または人材定着に悩みがある
品川区内事業者(経営者または人事担当者向け)で、
定 員:40名 ・ 先着順 (1社2名まで) 、
参加費:無料での募集となっております。

採用や組織活性化にご興味のある
経営者、人事担当の方は是非ご参加ください。
未来に向けた取り組みは一日も早くスタートし
組織に浸透させていく事が大切です。
皆さんの会社の強みを活かした、
より強い組織つくりを支援いたします。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

專田 政樹
株式会社 せんだ兄弟社 代表取締役
経済産業大臣登録 中小企業診断士
(一社)IVMA 理事 (インターナショナル バリュー マネジメント協会)
(一社)JDIO(日本ダイバーシティ・マネジメント推進機構)
           認定 ダイバーシティ・コンサルタント
(学) 産業能率大学 兼任講師
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////