1. 養成課程114回目は中小企業の海外進出がテーマ。本日はウォーミングアップ的で、次回は与件企業へのコンサル案を他班とコンペ形式で戦う事になりそうです。今日は年明けスタートの4回目の実習のチーム分けと事前課題が提示されましたが、ちょっとビックリ。

    本業と別にコンサルをやってるぞこの会社?? コンサル会社を診断(コンサル)実習って… 全く想定外の展開。しかも今回はリーダー。うーん修行にしては相当ハイレベルだなぁ(T_T)という事で今回のお相手はロジカル面は深く理解していると思われるので、施策の切れ味勝負と読みまして、事前準備とマネジメント励みます。メンバーの個性やキャリアを活かした深く具体的な案を出さないと、逆に教わる事になりかねないので、そんな事にならないよう、ゴリゴリ深掘りしたいと思います。

    という事で、何人かメンバーもこの投稿をみてくれていると思います。ちょっと遠い先ですが頑張りましょう!


人にまつわる問題や悩みを抱えていませんか?

著者プロフィール

専田 政樹(弟)
専田 政樹(弟)中小企業診断士
7&iグループ出身。
大企業10年、中小企業10年のマネジメント経験を活かし、制度構築、業務改善、人材育成等で企業支援にあたる。
企業在籍中に管理部門責任者として営業利益▲3%から1年で+0.5に改善した実績をもつ。
多様な人材の能力を引き出し相乗効果を出すダイバーシティマネジメントを専門分野とし、既存人材活性化を得意とする。