1. 「101回目の養成課程」は中小企業診断士三小田睦先生の製造業総合のフレームワーク。今日は非常に為になるエッセンスが山盛で何を書いたらいいやら…

    という事で特に印象に残ったポイントを三つ程_φ(・_・

    ①物流情報技術の発展

    90年代以降のIT革命、物流技術の発展により、情報伝達の超スピード化が進んだ結果、時間と距離と規模の優位性が無くなり、大企業と中小企業の差が減少。勝負する領域においては勿論大企業を上回る必要があるが、取組方次第で上回る事を具現化出来る可能性が飛躍的に高まった。

    ②コーポレートブランディング

    中小企業の強化すべき課題として、特許や新製品ではなく、組織力としての強さを持つ必要がある。どう優位性を確立し差別化を図るかという事になるが、従業員がこの企業で働きたいと思えるか環境作りが出来ている事が重要で、逆にいえば、そこまで到達しているという事は強さを発揮するレベルにいるという事。

    ③診断士はCAPDo

    PDCAを語ると往々にしてPDはできたがCがゆるく、Dに到達していないケースが多い。短期的には診断士はクライアント企業からCデータをもらい(適切なものが無ければ新たに取る必要がある)、それを基に改善プランを立案し、修正行為に繋げる。そこまでをCAとして、中期経営計画とその実行をPDoとして流れを構築。ということで流れはCAPDo(キャップドゥ)。他にも金言ずらーり。頭に焼き付けるべく、復習に励みます_φ(・_・


人にまつわる問題や悩みを抱えていませんか?

著者プロフィール

専田 政樹(弟)
専田 政樹(弟)中小企業診断士
7&iグループ出身。
大企業10年、中小企業10年のマネジメント経験を活かし、制度構築、業務改善、人材育成等で企業支援にあたる。
企業在籍中に管理部門責任者として営業利益▲3%から1年で+0.5に改善した実績をもつ。
多様な人材の能力を引き出し相乗効果を出すダイバーシティマネジメントを専門分野とし、既存人材活性化を得意とする。