1. 養成課程93回目は、株式会社シンクデザイン代表取締役で明治大学特任准教授の樋渡先生の経営革新。

    ざっくりまとめると、

    近年はマーケット変化のスピードアップが著しく、そのスピードに合致した企業しか生き残れない時代であり、

    その為には経営革新が重要である事。

    また、経営革新を具現化する為には、

    適性な現状分析から、マーケットにおけるKFS(key factor for success:重要成功要因)を抽出し、それを具現化するビジネスモデルの構築が必要となる…といった感じです。

    その手順は①勝負する土俵(マーケット)の把握、②自社商品/サービスの訴求ポイントの明確化、③目標の明確化、④ターゲットの設定、⑤訴求方法の立案、⑥導入、実践、コントロール…と進みます。

    検討事例も含め久々にお勉強という感じでした。続きは来週、再来週土曜日です。次回が楽しみです。

    _φ(・_・


人にまつわる問題や悩みを抱えていませんか?

著者プロフィール

専田 政樹(弟)
専田 政樹(弟)中小企業診断士
7&iグループ出身。
大企業10年、中小企業10年のマネジメント経験を活かし、制度構築、業務改善、人材育成等で企業支援にあたる。
企業在籍中に管理部門責任者として営業利益▲3%から1年で+0.5に改善した実績をもつ。
多様な人材の能力を引き出し相乗効果を出すダイバーシティマネジメントを専門分野とし、既存人材活性化を得意とする。