1. 養成課程92回目は経営シュミレーション2回目。ネタが小出しに出てくる経過事例方式です。

    今回の追加データは企業全体の売上、経常利益の推移、海運事業と旅客事業の伸び率でした。

    予想どうり売上構成の低い旅客事業は伸び率が悪く、十年前の約50%へ。

    チームの方向性としては、旅客事業から撤退し、海運事業を中心に戦略を考えましたが、先生からはいつ完全撤退するのか?との問いかけ…

    判断するにはデータが不足しています。受講者としては実戦でも貰える定量データから先に渡してもらって、聞かないとわからない情報が後から出てくる方がリアリティがあるかと思います。後から財務データを足されると、今迄の議論はなんだったの?って感じがします。願わくばもっとビシバシしごいて欲しいんですがってMっ気がでてしまいました。

    さて勉強勉強(笑)_φ(・_・


人にまつわる問題や悩みを抱えていませんか?

著者プロフィール

専田 政樹(弟)
専田 政樹(弟)中小企業診断士
7&iグループ出身。
大企業10年、中小企業10年のマネジメント経験を活かし、制度構築、業務改善、人材育成等で企業支援にあたる。
企業在籍中に管理部門責任者として営業利益▲3%から1年で+0.5に改善した実績をもつ。
多様な人材の能力を引き出し相乗効果を出すダイバーシティマネジメントを専門分野とし、既存人材活性化を得意とする。