養成課程68回目は流通マーケティング続編で酒屋事例の最終回。

各種分析を元に、販売目標である立ち飲みで年間売上2500万円を狙う策を練りました。といってもまず初めに目標額の認識についてですが、年間営業日数約250日でこの額を売ろうとすると、平均日販10万円が必要で、一杯単価400円前後のこの店では、単純計算で250杯売らないといけません。立ち飲みの営業時間は18時~21時で3時間、収容人数はフルで25人、100%席が埋まり、三回転させ、1人3.5杯飲んでもらってやっと到達。目標額がそもそもかなり無謀かと…

と言う事で、営業時間の拡大、土日の営業などの策に始まり、立ち飲みメニューの拡大や、サービスメニュー、試飲、もう一杯お勧め等を通じて、日本のお酒の良さを伝えつつの販売強化策を揃えました。

また、最も重要だと思うのは、やはりお客様に支持される為に、キラリと光る店になれるかどうか!
インストアマーチャンダイジングが弱く、提案力がない現状ではやはり認知して貰えないでしょう。
棚毎にテーマを持たせ商品をグルーピングして編集し、その情報を発信。
週替わりで良いので、今週のお勧めコーナーを作り、お客様に語りかけていくきっかけとし、コミュニティを形成していく事が重要だと思います。
店長には店頭で演じる事を理解してもらい、エンターテイメント性のあるお店にする事で、その価値も伝わるのではないでしょうか…

おまけ
本日の講座の中ででてきた「酒飲み」のことを言う「左党」という言葉の語源についてです。
諸説あるようですが
大工さんが「ノミ」を左手でもつさまから、「ノミ手」→「飲み手」→「左党」との事。
色々と勉強になります…_φ(・_・


人にまつわる問題や悩みを抱えていませんか?

著者プロフィール

専田 政樹(弟)
専田 政樹(弟)中小企業診断士
7&iグループ出身。
大企業10年、中小企業10年のマネジメント経験を活かし、制度構築、業務改善、人材育成等で企業支援にあたる。
企業在籍中に管理部門責任者として営業利益▲3%から1年で+0.5に改善した実績をもつ。
多様な人材の能力を引き出し相乗効果を出すダイバーシティマネジメントを専門分野とし、既存人材活性化を得意とする。