養成課程57回目は製造業実習のグループワーク。

前回の現場入り込みを踏まえ、診断報告書の作成に入りました。

大きなヤマだった第1工場レーザー加工機の稼働率改善については

マンマシン分析の結果、当初想定以上の効果がありそうで、

なんとか形になりそうです。ちょっとほっとしました。

さて、これまで分析し、まとめてきた資料と合わせ、

プレゼン資料の作成を進捗させます。

ここからは睡眠不足との戦いになりそうですφ(. .)IE

・・・・ねむい・・・・


人にまつわる問題や悩みを抱えていませんか?

著者プロフィール

専田 政樹(弟)
専田 政樹(弟)中小企業診断士
7&iグループ出身。
大企業10年、中小企業10年のマネジメント経験を活かし、制度構築、業務改善、人材育成等で企業支援にあたる。
企業在籍中に管理部門責任者として営業利益▲3%から1年で+0.5に改善した実績をもつ。
多様な人材の能力を引き出し相乗効果を出すダイバーシティマネジメントを専門分野とし、既存人材活性化を得意とする。