養成課程52回目は製造業実習。

本日は初回のトップインタビューと

工場の工程分析。

インタビューについては今後企業をこうしていきたい!

という意思とその手法について具体的に、

あるいは方向性を聞かせて頂きました。

こちらの企業の素晴らしい点は、

課題に対して現時点での改善手法がきまっていたり、

解決に向けた方向性がきまていたり・・・

具体的な手法が確定していなくても、

こっちに振りたくてそのためにこうしているという

答えが存在していること。

一方で業務上の課題以外で感じたことは、

社長の人への対し方。

基本的に部下思いで人間味にあふれています。

一方で社員の経営感覚に欠ける振る舞いについては

二の足を踏んでいます。

気づきを与えるアクションを増やすとか、

一定レベル以上はトップダウンで徹底するとか・・・

もうひと工夫する余地がありそうです。

※今回のテーマは生産工程の改善なので

課題としてはややずれています。

生産工程では社員の駐車場の位置を変更し、

動線を適正化するアイディアをぶつけます。

社員はいやがるかもしれませんが、

そこに踏み込めば簡単にできそうです。

という事で明日は診断書の骨子作成。

しんどい戦いが続きます。


人にまつわる問題や悩みを抱えていませんか?

著者プロフィール

専田 政樹(弟)
専田 政樹(弟)中小企業診断士
7&iグループ出身。
大企業10年、中小企業10年のマネジメント経験を活かし、制度構築、業務改善、人材育成等で企業支援にあたる。
企業在籍中に管理部門責任者として営業利益▲3%から1年で+0.5に改善した実績をもつ。
多様な人材の能力を引き出し相乗効果を出すダイバーシティマネジメントを専門分野とし、既存人材活性化を得意とする。