養成課程32.5回目は製造業情報化支援の続編です。

前回適正価格のソフトが選定しきれず、
負け戦を展開してしまいましたが、
その後の調べでこれならいけるかなという所まできましたので、
提案の概要と合わせてアップします。
ちょっと長いので読み飛ばして下さいませ。m(__)m

事例企業概要は、売上2億5000万円、利益は前年赤字、今年度黒字転換(利益水準は毎年同程度)の金属加工を中心とした製造業で従業員は15名(社長込)。
会計業務のみコンピューター化されているがそれ以外は完全にペーパーで受注もFAXで行なっている。

この企業に対し「RFP(request for proposal)を作成せよ」がお題。

1.システム導入の背景と現状
 ①管理の仕組みの確立
  現在会計ソフトしか入っておらず、生産管理を含め導入を検討中
 ②ISO9001の運用
  取得したはいいが、上手く運用できておらず、
  業務効率が上昇していない。
 ③業務の効率化と生産性の向上
  紙管理含め社内の情報共有手法に有効な手立てがない。
  従業員は繁忙期も閑散期も同様に忙しそう(社長談)
  粗利率は50%弱とれているが、最終利益はとれいていない。

2.システム導入の目的
 ①業務効率化の推進と生産性の向上
 ②業務全体の管理の仕組み作りの推進

3.各種課題
 ①売上利益面
 ②組織人事面
 ③生産管理面
 ④営業面     それぞれ長いので省略

4.対策と効果
 対策
 ①製造部員の技術力(多能工化の推進度)をdatabase化
 ②加工に使用している機械設備とその量、また操作に必要な技術の種類をdb化
 ③上記を掛けあわせて生産座席表を作成し管理
 
効果
 ①営業部員が商談先で製造状況(生産余力)を把握できる為、
  その場で納期が決定でき、受注作業、生産計画立案の負荷が軽減
 ②製造部員の作業計画が明確化
  生産効率が上昇し、空き時間等も見える化する為、
  その時間を使って教育計画をたて、多能工化を推進
  ⇓まとめると
  見える化する項目
   ・原価管理
   ・進捗管理
   ・余力管理
   ・納期管理
   ・目標管理
  狙う成果
   ・利益計画の精度アップ
   ・生産計画の精度アップ
   ・確実な納品による信頼性のアップ
    (社長インタビューではここが一番の強み)
   ・生産の平準化
   ・部門間の情報共有
   ・顧客情報(図面等)の一元管理
   ・空き時間を有効利用した多能工化教育の推進

 5.予算
   ①概要
    金属加工業を含む製造業の計画管理業務用の
    ERPパッケージソフトを利用し低コスト、短期間での導入を提案。
  
   ②コスト
    ソフトのみ150万円のスタンダードタイプを推奨。
    ※開発社から価格のひとり歩きは避けるて欲しいとの事でしたので
     ソフト名はふせさせて頂きます。
    ハード面はサーバ+PCで250万円~350万円を想定
    トータル500万円
   
   ③導入コストの償却
    500万円の導入コストを5年償却でえ1年100万
    月あたり8.3万円の費用負担
    粗利率50%弱設定での必要売上は約20万円
    システム導入による生産性等のアップで、
    現在微減の年間売上を前年比プラス1%に持ち込めればペイ可能。

 といった感じでまとめてみました。
 当初のコスト感に比べこれなら現実的に検討可能かと。
 数字をいれる時は、きっちり調べを入れてから…という教訓です。

 それと我々の領域はソフト選定ではなく、
 ソフト導入時に効果をあげる為の体制作りや、
 業務構造を改善し、仕組み作りをしていく事なので
 具体的なのはともかく、誤解は受けないようにしないとですね。

 という事で長々書きましたが、
 32回投稿のリベンジ編でした。

 明日からIE(Industorial Engineering)です。
 しんどい分野が続きます。(^^ゞ


人にまつわる問題や悩みを抱えていませんか?

著者プロフィール

専田 政樹(弟)
専田 政樹(弟)中小企業診断士
7&iグループ出身。
大企業10年、中小企業10年のマネジメント経験を活かし、制度構築、業務改善、人材育成等で企業支援にあたる。
企業在籍中に管理部門責任者として営業利益▲3%から1年で+0.5に改善した実績をもつ。
多様な人材の能力を引き出し相乗効果を出すダイバーシティマネジメントを専門分野とし、既存人材活性化を得意とする。