養成課程33回目は明治大学高橋教授による

製造業マーケティング。
随分時間が空いてしまいましたが、「米兆ゆうき」の事例です。

(一箱一万円の高級炭火手焼き煎餅)
「ばかうけ」を作っている栗山米菓の子会社が作っている製品です。

色々と議論はありましたが、
自分としては「米兆ブランド」を運営する目的は
1⃣平素より煎餅を食す習慣のある人に対し、

最高級の話題性ある製品を届ける事で、顧客熱中を生み出す。
➡煎餅市場そのものを拡大する為のベースとなる

オピニオンリーダーとなる顧客を掴み、

生涯価値を重視したプロモーション活動を行い、

市場におけるロイヤリティを深耕する。

2⃣最高級と言う話題性で、グローバルな情報発信を行う。

1⃣顧客の口コミも含めたバズマーケティングを行い、

平素煎餅を食べる習慣のない人に、食べてみたいと感じさせ、

煎餅への興味を持たせる。

マーケティングミックス
1⃣プロダクト
「米兆ゆうき」と「武者の栄」の二つをブランドとして統合し、

両者を職人技による最高級炭火手焼き煎餅と位置づけ、

特に「ゆうき」はオーガニック版とし更に付加価値をたかめる。
状況に合わせ増産時は、契約農家を増やし製品ラインナップを拡充。
2⃣プライス
10000円、5000円の
ラインを維持。
3⃣プロモーション
口コミプラスαのバズマーケティングが主体。SNSを使い、

旅行会社等とコラボ企画や、米の生産情報等を発信

(そろそろこうべたれてきました写真等)
するなどし、顧客関係性を高める。

また職人の炭火手焼きについてショーアップし、

煎餅王国に加え、ネット、SNS等で情報発信。アクティブに魅せる。
4⃣プレイス
「ゆうき」についてはネット直販を継続。

英訳ページも作成。300個分くらいをプロモーション用に確保。

話題性を喚起するためのイベントや、

ノベルティ、バズマーケティングに使用。
「武者」についてはネット直販(英語版、中国語番等、随時拡大)に

加え卸売を強化し、外国人観光客の多いホテル、

旅館や観光地、空港内ショップ、

飛行機の機内カタログ販売等ターゲットに合わせ拡大。

並行して、本社で炭火手焼きの味を数値化し、

味の再現が可能な生産設備の開発を行い、

量産品の高付加価値ラインの展開を目指す。

米兆の炭火手焼技術を使っている事を大々的にアピールし、

ロイヤリティの高い「新ばかうけ」を売り出す。

写真は新潟煎餅王国、ゆうきの炭火手焼き、

武者の栄の三点です。

今回のポイントは
日本の持つ技術を生かすマーケティング戦略を立案し、

ロイヤリティをあげる。

その為に顧客熱中を生み出す経験価値を付加。

また最終利益に繋げる為、他事業と複合した

、計画的な事業計画の立案実行が不可欠。
緻密さと徹底力が重要となりますね。_φ(・_・


人にまつわる問題や悩みを抱えていませんか?

著者プロフィール

専田 政樹(弟)
専田 政樹(弟)中小企業診断士
7&iグループ出身。
大企業10年、中小企業10年のマネジメント経験を活かし、制度構築、業務改善、人材育成等で企業支援にあたる。
企業在籍中に管理部門責任者として営業利益▲3%から1年で+0.5に改善した実績をもつ。
多様な人材の能力を引き出し相乗効果を出すダイバーシティマネジメントを専門分野とし、既存人材活性化を得意とする。