養成課程21回目は

東洋大学経営学部幸田浩文教授の

人的資源管理でした。

写真は氷山モデルです。

OJTは現場での訓練を受け自分で(先輩の力を借りて)氷を持ち上げる、

Off-Jtは企業がテコ(コスト)を使って無理矢理にでも氷を持ち上げ、

自己啓発は氷そのものを大きくする事で浮力で持ち上がる。

水面に出た部分が顕在能力=職能。

本テーマの結論は戦略的人材育成による

組織力向上に向かう事と思いますが、

いずれにしても、人と言うテーマは重要かつデリケート。

しっかり学びたいと思います_φ(・_・


人にまつわる問題や悩みを抱えていませんか?

著者プロフィール

専田 政樹(弟)
専田 政樹(弟)中小企業診断士
7&iグループ出身。
大企業10年、中小企業10年のマネジメント経験を活かし、制度構築、業務改善、人材育成等で企業支援にあたる。
企業在籍中に管理部門責任者として営業利益▲3%から1年で+0.5に改善した実績をもつ。
多様な人材の能力を引き出し相乗効果を出すダイバーシティマネジメントを専門分野とし、既存人材活性化を得意とする。