1. 養成課程121回目~130回目は4社目の実習。流通業というテーマだったので、是非小売業を…と思っていたら、なんと警備業。しかも、今回はリーダーを務める予定だったのでちょっとびっくり。という事で、今回はチームのマネジメントも担当させて頂いた訳ですが、最強メンバーとともに、「思い切ったアクションを起こす事への挑戦」でありました。

    3社目までの診断実習の反省を踏まえ、事前に3つの目標を立てました。

    ①クライアント企業の立場に立って、客観視だけでなく、そこに愛情や思い入れをプラスし、心技ともに踏み込んで取組む事。

    →ほぼ全員予備知識が無い異業種(?)であった為、まずは事前調査を徹底し、触れる時間の確保と、深さの醸成を図りました。一部やりすぎ批判もありました(笑)が、結果的に皆が普段、町をあるいているときに自然に警備員さんの働くする姿に着目をするようになって行きました。色々な意味でより深く踏…み込めたのかなと思います。

    ②ブレイクスルーした結論を持ち、串刺しされた施策を立案する事。

    →8人の精鋭で取組む実習である為、結論を共有できないと、各担当領域毎の施策がばらつきやすいのがむづかしいところ。今回は最初にクライアント企業の「将来の夢(案)」をチームで共有し、それに向かって「短期、中期施策を練る」というスタイルをとろうと進行を進めました。前半戦はだいぶ議論を空回りさせたり、ミスリードをし、チームに迷惑をかけましたが、結果的にはある種、「ブレイクスルーした将来像」をチームで共有する事に成功し、その結果、各領域毎の施策も串刺しされ、クライアント企業をより健康で活力のある未来へ導こう…というプランになったかなと思います。

    一方反省会でもでましたが、施策の串刺しに成功したものの、今後は更に「各施策の相乗効果を訴求していく」という領域に挑む必要があります。こんな事をいいだすという事は当初に比べだいぶ鍛えられてきた感じなんでしょうか・・・?

    ③リーダーとしてメンバー全員の力を最大限引き出すこと。

    担当分けから目標設定、①②の共有・・・一応頑張ったつもりです。

    まあこの手のことは自分が頑張ったかどうかよりも、相手(メンバー)が個々に「やりきれた」と思ってもらえたかどうかが評価のポイント。自己採点はあまり意味がないのでやめておきます。(笑)

    という事で期間は最も短かった4社目ですが、自分にとっては実に長い4社目でありました。肩の荷がおりてちょっと「ほっ」としています。

    明日からまた気持ちを切り替えて頑張ります。φ(..)


人にまつわる問題や悩みを抱えていませんか?

著者プロフィール

専田 政樹(弟)
専田 政樹(弟)中小企業診断士
7&iグループ出身。
大企業10年、中小企業10年のマネジメント経験を活かし、制度構築、業務改善、人材育成等で企業支援にあたる。
企業在籍中に管理部門責任者として営業利益▲3%から1年で+0.5に改善した実績をもつ。
多様な人材の能力を引き出し相乗効果を出すダイバーシティマネジメントを専門分野とし、既存人材活性化を得意とする。