養成課程42回目は製造業、5S活動とTPM(total productive maintenance)がテーマ。

特に5Sに関してはTBC時代に「整理」と「整頓」の意味を正確に分かっているかが、診断士としての「分かれ道」と仕込まれていたので、実務で散々格闘したのも踏まえ、思い入れも深い活動です。

さて今日のポイント。
5S活動の継続性について

講義の中では高い意識を保ち続ける事が困難な為、閉塞感を打ち破るべく、日常の活動と連動する経営指標を目標として設ける事が必要だと説いています。

しかし、一方で体験上も継続性を阻害する問題点は他にもあり、
1⃣5force分析で言う「買い手」(平たく言うと取引先や消費者)からの要望が自社のキャパシティを超えているケース
2⃣同じく「売り手」から思うように資材が確保出来ないケース
3⃣活動についての理解度が低い同僚や上長による不適切な意見、指示(声が大きい場合が多い)
※継続的に取組む事で現場の方がレベルが上がってしまうと上位階層者が改善活動を理解出来ず内容を否定してしまうケースも発生する
4⃣活動を実施していない他部門が存在し、利害関係が発生してしまう(全社的な活動でなくパイロット部門を作った際に発生)
5⃣その他…..

言いたい事は、QCサークル等も踏まえ現場は努力し続けていたとしても、自分達の力で解決出来ない外圧(外部環境ばかりではない)と対峙した際に、徐々に継続性を失っていくという事。そこを解決するには今の時代はサーバントリーダーシップが必要なんだと思います。

人をそこに導く力をつけていくべく精進を続けます_φ(・_・

※写真はイメージ
自分に厳しく
生きて行きたいと決意!


人にまつわる問題や悩みを抱えていませんか?

著者プロフィール

専田 政樹(弟)
専田 政樹(弟)中小企業診断士
7&iグループ出身。
大企業10年、中小企業10年のマネジメント経験を活かし、制度構築、業務改善、人材育成等で企業支援にあたる。
企業在籍中に管理部門責任者として営業利益▲3%から1年で+0.5に改善した実績をもつ。
多様な人材の能力を引き出し相乗効果を出すダイバーシティマネジメントを専門分野とし、既存人材活性化を得意とする。