連載2回目のテーマはアフターコロナを見据えた、オンラインをミックスしたO2O(on-line to off-line)型のプログラム構築

ゆるゆると社会情勢が変わっていく中、
人材育成についても変化が見えてきました。

春の急激なオンライン化以降、
様々な試行錯誤が繰り返され、
「どうオンライン化するか」から、
「オンラインでどんな研修をするか・できるか」に
焦点が移ってきているのではないでしょうか。

第2回はこういった状況の中、
人材育成効果を高めるために
オンラインを有効にした
プログラム構築について
具体的に論じていきます。
以下に掲載記事を添付しますので、是非ご参考ください。

PDF→2020.8JMアフター育成 第2回

 

 

 

 

 

 

 

第3回はオンラインコンテンツの最適化

また、月刊人事マネジメント9月号にて連載中の
「アフターコロナの人材育成」第3回が掲載されております。
今回のテーマは、オンラインコンテンツの最適化です。

↓参照:月刊人事マネジメント9月号(P98~99)
http://www.busi-pub.com/jsaisin.html

 

 

 

 

 

 

こちらも後日、PDFを添付致します。

10月号も5日前後に発売となり、第4回目を掲載となります。
是非ご覧ください。

よろしくお願い致します。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
專田 政樹
株式会社 せんだ兄弟社 代表取締役
経済産業大臣登録 中小企業診断士
(一社)JDIO(日本ダイバーシティ・マネジメント推進機構)
           認定 ダイバーシティ・コンサルタント
(学) 産業能率大学総合研究所 兼任講師/パートナーコンサルタント
著書:働き方改革時代の若手部下育成術
   https://onl.tw/mVukyqU
〒 :104-0045
住所:東京都中央区築地2-15-15セントラル東銀座619号
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
人にまつわる問題や悩みを抱えていませんか?

著者プロフィール

専田 政樹(弟)
専田 政樹(弟)中小企業診断士
7&iグループ出身。
大企業10年、中小企業10年のマネジメント経験を活かし、制度構築、業務改善、人材育成等で企業支援にあたる。
企業在籍中に管理部門責任者として営業利益▲3%から1年で+0.5に改善した実績をもつ。
多様な人材の能力を引き出し相乗効果を出すダイバーシティマネジメントを専門分野とし、既存人材活性化を得意とする。